ISO9001(品質マネジメントシステム)

富士印刷(株)では「良い製品をつくること」だけでなく、「お客様により満足いただける製品やサービスを提供するためのシステム」を目的としています。

品質方針

・顧客の利益に適う品質を提供する。
・新しい知識と技術の習得に努める。
・常に品質マネジメントシステムの改善を重ねる。

平成29年7月1日
富士印刷株式会社
代表取締役社長 星野里美

ISO14001(環境マネジメントシステム)

クリーンエネルギーとしてLED光を使用してインクを乾かす最新型印刷方式を採用しています。エコを意識したパッケージとしての訴求効果が有るだけでなく、インキ独特な臭いも少ないため、食品パッケージ等にも適しています。CO2も大幅削減され、 「地球にやさしい」を大切に考えています。

環境方針

富士印刷株式会社は、地球環境の保全を事業活動の重要課題と認識し、積極的に取り組みます。

  1. 印刷事業活動に伴う資源やエネルギーの環境負荷を認識し、省資源・省エネルギーを推進する。
  2. 環境マネジメントシステムを構築し、環境保全のための活動を継続的に行い、その改善に努める。
  3. 環境に関する法律・条令の要求事項を遵守し、環境汚染防止に努める。
  4. 環境方針は全ての社員に周知し、地域社会の環境保全に取り組む。

平成29年7月1日
富士印刷株式会社
代表取締役社長 星野里美

FSC®/CoC認証(森林認証制度)

伐採しなくてはいけない木がそのままになっている状態は、森の環境にとってよくありません。切りどきを迎えた木々がきちんと伐採され、使われることで自然環境が豊かになります。 FSCⓇ の森林認証は「植える」 → 「育てる」 → 「伐採する」 → 「使う」という、適切なサイクルを生むために必要な森林の 適切な管理方法と、そのような森林に由来する製品の加工・流通過程の管理を認証する制度です。

富士印刷(株)では、FSCⓇ/CoC認証(加工・流通過程の管理)を取得、正しく運用することで、自然環境を守る活動に貢献しています。
※FSCⓇ認証紙を使用した広研印刷の製品には、「適切に管理された森林由来の木質資源を使った製品」として、ロゴマークを付けることができます。


CMS(カラー・マネジメント・システム)

富士印刷(株)では、カラーマネージメントシステム(Color Management System、略称:CMS)は、デジタルカメラ、スキャナ、モニタ、 プリンターなどの異なるデバイス間の色を統一的に管理しています。
 規定された標準色に基づき、色彩、印刷技術、工程管理などより一層安定した品質の印刷ができる工場となりました。

SDGs(持続可能な開発目標)

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

個人情報保護について

個人情報保護方針

富士印刷株式会社は、地球環境の保全を事業活動の重要課題と認識し、積極的に取り組みます。

  1. 適切な個人情報の取得、利用及び提供に努めること
  2. 個人情報の漏洩、紛失、破壊、改ざん及び不正アクセスなどの予防処置又は是正処置を講ずること
  3. 個人情報に関する法令を遵守すること

制定日:平成30年6月15日
社名:富士印刷株式会社
代表者名:星野里美

よりクリーンな環境へ

虫などの異物が工場内へ侵入するのを防ぐため、さまざまな 設備を設置しています。

  • シートシャッターをインターロックにすることによって、外気の流入を最小限に抑えます。
  • オーバースライダーのシャッターを使用することでスピーディーな開閉が可能です。入出荷口のLED照明と併用して防虫対策を  徹底しています。
  • 吸排気の数値を設定し工場内部の気圧を高めて外気の流入を防ぐ作業環境をつくっています。